踊る木の実の果実酒

そのレストランの にあるのは 騒がしいメニューたち。 躍る木の実の果実酒なんて あまりに楽しそうに躍るので 数を数えるのに一苦労。 そんなにぎやかなレストラン。 今宵も楽しく更けていきます。 There are noisy menus in that restaurant. Fruit liquor of fruit nuts It makes me so happy that I have a hard time to count. A lively restaurant. I will be making fun even more tonight.

饒舌な鳥

街を歩きながら いろいろな国の言葉で 話をする鳥がいました。 「ないものも言葉にすると あるものになるから不思議なんだ。」 饒舌な鳥が話すのは目には見えないお話。 頭の中や目の裏に貯蔵している遠い記憶。 それらが消えてなくなる前に 人に話すことで あるものになるんだって。 今日も饒舌な鳥は 街をウロウロして 話し相手を探します。 Talkative bird While walking around the city With the words of various countries There was a bird talking. "Even no In words Because it will be something It's strange. " A talkative bird talks is A story that is invisible to the eyes. In my head It is stored in the back of eyes Distant memory. Before they disappear By talking to people You got something there. Talkative birds today Take the city down I will look for someone to talk with.

小さな鳥と大きな花

小さな鳥は 建物の隙間や小さな路地を歩きます。 大きな花は花びらがないのを気に入っています。 なぜって? 大きな大きな花火の記憶も、 大きいまま、思い出すことが出来るから。 大きな花は たくさんの記憶があったので、 どんどん膨らんで、小さな映画館になってしまいました。 いっぽう小さな鳥。 小さな鳥はどんどん歩いて 大きな花が作った小さな映画館にたどり着きました。 そのスクリーンに映し出されていたのは、 たくさんの花火と見た事もない風景。 小さな鳥は映画館を出て、またどんどん歩いて行きます。 またどこかに映画館があるといいなとつぶやきながら、 細い細い路をどんどん歩いて行きます。 Small birds and big flowers Small birds It walk on the clearance of a building or a small alley. The big flowers like petals. Why? Because I can recall memories of big fireworks as they are big. The big flowers had many memories, so they swelled and became small movie theaters. Meanwhile, a small bird. A small bird walked steadily It came to a small movie theater made by big flowers. The scen

水平に進む星

水平に進む星 と 横に進む水滴 それを見ている まぁるい月 と まぁるい花 Horizontally moving stars And Water-proceeding to sideways They are watching them A round moon And A round flower

2018年クリスマスの出来事〜

新年も始まって日常も始まっているこの時期に・・・。 2018年の話題です😅 もうすぐクリスマス!という頃に、とびきり嬉しいメールが届きました♪ それは「本棚を飛ぶ鳥」を置かせてもらっているフィンランドの雑貨店「momono」さんから。 We have sold all your wonderful bookmarks. Thank you very much for your co-operation. We have now a new big shop. Please see our facebook, there is a video of our new shop. Could you kindly email the story you have of the bookmarks Lentävä lintu. We do not have any copy of that story left anymore. Please email that to our customer directly. She have bought Lentävä lintu as a Christmas present and want also have your lovely story about it. Lentävä lintuというのは「本棚を飛ぶ鳥」のことです。 なんでもクリスマスプレゼントに「本棚を飛ぶ鳥」を選んでくれたお客様が 「物語のカード」を添えたがっているとの事。 「これでいいのかな〜大丈夫かな〜?」「PDFって世界共通だっけ?」などと 右往左往しながら、、つ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Twitter Basic Square